【速報】千葉県で新型コロナによる初の死者。意味ない会見。知事にふさわしくない?

2020/3/28に千葉県の森田健作知事は県内の医療機関に入院していた新型コロナウイルスの感染者が死亡したと発表しました。

千葉県では初となる死者です。

情報についてはご遺族の希望もあり年齢や性別などは公表しないとのことです。

また同日14:00から森田健作知事が記者会見を行いましたが、有益な情報はほとんどありませんでした。

スポンサーリンク

会見の意味が全くない?

早急に開かれた会見でしたが全くと言っていいほど情報がありませんでした。

SNSでも皆さん口を揃えて同じ指摘をしています。

世界中が不安になる問題の中、なんの情報も得られない会見に意味がないと思う方が多く、知事への不満があるようです。

過去にも県民を裏切るを行動を

2019年に台風15号が千葉県を直撃した翌日、県庁を離れ公用車で千葉・芝山町にある別荘に向かったという疑惑を報じられています。

その後の記者会見では『別荘』ではなく『自宅』へ向かったと公言しているのですが、知事選に立候補する際、告示の住所欄には原則、立候補者が生活の拠点とする住民票に記載されている住所を書くことになっているのです。

しかし実際は千葉市にある知事公舎の住所が書かれており『自宅』ではなかったのです。

あらゆる弁明を見せていましたが、県民のアンケートでは8割が納得できていなかったようです。

結果的に『県民が一番困っている時に自分を優先している』と他県の知事に叩かれる結果に。

 

また、議会では寝ていることがかなり多いようです。

スポンサーリンク

まとめ

知事として責任ある行動を県民は望んでいます。

こうゆうピンチはチャンスでもあると思うので誠意ある対応をお願いしたいですね。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です