【半月板損傷】保存療法で治る?実際に感じたこと。経過も紹介。

31歳にしてとうとう自分の身にも降りかかりました。半月板損傷です。

僕の場合、バスケ中ではなくトレーニング中にやってしまいました。

夏(2018年7月)くらいにケガしたので今は半年くらい経過しました。幸い程度が軽かったので手術はしない保存療法で経過を見ることになり今はだいぶ良いです。

そんな僕の経験を今日はお伝えしようと思います。

スポンサーリンク

半月板ってなに?

半月板というのは線維軟骨というもので出来ており、働きとしては膝関節の接触面積の増加、衝撃吸収、安定性の向上、関節のなめらかさを上げる、といった働きがあります。

また膝の内側にある内側半月板、外側にある外側半月板があり僕は左膝の内側半月板を損傷しました。

教科書的には損傷の程度によって次のような症状があります。

  • 引っかかり感(catching):膝を曲げ伸ばしするとコリコリ鳴ります。特に完全に伸ばした時と完全に曲げたあたりで起こりやすい。
  • 膝崩れ(giving away):ガクッと膝が抜けてしまうこと。
  • ロッキング:膝を完全に伸ばしたり曲げたりできなくなること。

ここからは少し専門的な話になります。

半月板は大腿骨(太もも)と脛骨(すね)の間にあり、細かい話を抜きにすると、膝が伸びている状態では半月板の前方に圧力がかかり、膝が曲がるにつれて後方に圧力がかかると言われており、この圧によって半月板自体も前後に動きます。

ちなみに膝を伸ばす際は、半月板と直接結合している内側・外側半月膝蓋靭帯、半月大腿靭帯、内側側副靭帯が緊張して半月板の前方への移動を助けます。また、膝蓋腱に結合している膝蓋下脂肪体も膝を伸ばす際に前方へ移動します。

余談ですが、関節鏡手術ではこの膝蓋下脂肪体を突き破っていくため、手術後は炎症と線維化が起こって半月板の動きが悪くなり膝が伸びにくくなる一因になります。

加えて、正常であれば脛骨は膝が曲がるときに内旋(内側にひねる動き)が勝手に起こることから、膝の外側のほうが内側に比べて少し大きく転がることになります。その分、膝を曲げたとき外側の半月板はより後方に圧力がかかるため、半月板自体も外側はより柔軟性を求められます。

ちなみに内側半月板には半膜様筋が結合、外側半月板には膝窩筋が結合しており半月板の後方移動を助けています。手術後はこの内旋の動きであったり半月板の動きの悪さから膝を曲げたときに詰まったような感覚になることがあります。

内側半月板も外側半月板も中節から後節のケガが多いため、半月板損傷を判断する整形外科テストも内側半月板を診るときは外旋させ、外側半月板を診るときは内旋させるものが多くなっています。

受傷直後の様子

スクワットをやっていて受傷した僕ですが、直後はすぐ異変に気づきます。

膝を伸ばした時と軽く曲げた時にコリコリが出てきて、次第に腫れのようなむくみのようなものが出てきました。

歩行で言えば左踵が着くときと、左のつま先が離れるときあたりで膝がコリコリ鳴ってましたね。

それからは和式トイレのように深く膝を曲げることが難しくなり、違和感がつきまとう日々。

アイシング、ロキソニンテープ(湿布)で様子を見ましたが、2週間経過しても改善が乏しいのでMRIを撮影したところ、案の定左内側半月板の後節に損傷が見つかりました。

こうなってくると日常生活でも自然と左足をかばってしまうので、おのずと左足の筋力が落ちます。足が細くなってきます。

立ってる時も右足重心になるし、歩くたびにコリコリが頭に響くので不快です。

初めての膝のケガだったし、膝のケガがこんなにも人をゲンナリさせることに驚きました。聞くのとやるのとでは大違い。。。

 

リハビリするしかない

医者からは「年内バスケだめですね」って。鳥から翼取るかねって気分でしたよ。

いろいろと調べてはみましたが保存療法に関する情報というのは限りなく少なかったです。中には1~2年でかなり回復を認めた。なんて情報もありましたが一概には言えないでしょう。

競技を続けていれば悪化する可能性はあるし、ある種上手に付き合っていくしかないのかもしれないです。

とうとう引退がよぎりましたがやるだけやってみてからでも遅くないと思ってそれからはしっかりケアに取り組みました。

  • むくみを取るためにアイシングと温めを繰り返す
  • パテラセッティング
  • レッグエクステンション
  • レッグプレス

パテラセッティング

引用:平川接骨院/針灸治療院

レッグエクステンション

引用:日本メディクス

レッグプレス

引用:Tarzan Web(ターザンウェブ)

パテラセッティングは膝下にタオルを挟んでそれを押しつぶすように力を入れます。3秒くらい止めたら力を抜いてまだ繰り返します。

レッグエクステンションとレッグプレスは10~20回で3~5セットを出来るときはやってました。そしたら大体1カ月くらいでクリック音が消えました。左足をかばうことも自然となくなって、たまに回旋動作で違和感はありましたけど日常生活では気にならない。

プラス、最初の1カ月は週1でスベニールっていう高純度ヒアルロン酸注射をやってました。これも効果があったと思います。

僕の場合は損傷した位置が中心に近かったので血流での治癒が期待できないことが残念でした。

スポンサーリンク

半月板損傷にならないために

半月板は前十字靭帯の断裂や損傷と合併しやすいです。前十字靭帯はつま先が外を向いたまま膝が内側に入ると一番ストレスがかかります。

ニーイントゥーアウトというやつですね。内側の半月板はこの動きでも痛みが出ます。

バスケやテニスなどでの急な切り替えし、スキーのターン、サッカーでボールを蹴る際の軸足、あとはラグビー系の膝への外からのタックルとか。

実際だいぶ良くなった僕ですが、少しタイトな試合や切り替えしを多くするとやっぱり多少腫れたり、コリコリが出たりするので完治というのはないのでしょう。ましてや保存療法なので。

そのため、今はザムストのZK-3というサポーターをつけて使用しています。しっかりホールドしてくれて、着脱も非常に楽で重宝しています。

今回は自身の経験も交えてお話させていただきましたが、1つ言えることは絶対ならないほうが良いですよ。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です