【おじかわ】 仁井真純 を演じる藤原大祐がイケメン!デビューのきっかけは?

2020年8月13日から放送開始となった連続ドラマ「おじさんはカワイイものがお好き。」で 仁井真純 を演じる藤原大祐さんがイケメンと話題になっています。

藤原大祐さんは確かにイケメンで、年齢も若くこれからどんどんメディアに出てきそうな逸材だと思います。

そんな藤原大祐さんのデビューのきっかけは何だったのでしょうか?

この記事では、

・藤原大祐のデビューのきっかけは何?

・藤原大祐のプロフィールが知りたい。

といった内容でまとめていきます。

スポンサーリンク

藤原大祐のデビューのきっかけは何?

藤原大祐さんのデビューのきっかけはスカウトなんだそうです。

「渋谷で音楽を聴きながらノリノリで歩いている時に話しかけられたり…」と各芸能事務所からのスカウトが止まらなかったようですね。

原宿・竹下通りでは片道で4回スカウトされるという武勇伝もあります。凄すぎますね。

そんな藤原大祐さんがスカウトを受けていた頃の気持ちを取材で語っていました。

「(何度もスカウトされたことで)もしかしたら向いているのかな?と頭の片隅にはあったんですけど、実際にやってみようとは考えていなくて。そしたら親が勝手に僕の写真を知り合いに見せていたみたいで、その写真がアミューズの人に渡り…ある日いきなり『来て』と言われて行ってみたら、それが(事務所の)オーディション会場だったんです(笑)。その時に初めてお芝居をして、楽しかったので役者をやってみようと思いました。小さい頃は発明家になりたくて、『0から1を作る人ってかっこいいな』とものづくりに憧れていたんですけど、役者も表現を通してものづくりをする職業なので、楽しさとやりがいを感じています」

引用:モデルプレス

背中を押したのは両親のファインプレーだったようですね。

小さい頃の夢が発明家ですから、何か表現したり新しいものに関わることが好きなのかもしれません。

藤原大祐のプロフィールが知りたい

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 

#藤原大祐

ゆっけ(@taiyu_fujiwara_)がシェアした投稿 –

✅名前:藤原大祐(ふじわらたいゆ)
✅生年月日:2003年10月5日(16歳)※2020年現在
✅身長:175cm

✅出身地:東京都
✅趣味・特技:歌・ダンス・ジャズピアノ

✅座右の銘:実るほど頭が下がる稲穂かな

✅所属事務所:アミューズ

【たいゆ】という名前は、両親の『外国の方も呼びやすいように』という想いを込めてつけられたそうです。ご両親の考えでは最初から世界に出てほしい気持ちがあったんですね。

特技は歌・ダンス・ジャズピアノ。サッカーとキックボクシング。小学生の時にヒップホップダンスを習い、またオーストラリアでホームステイ、アメリカ・ロサンゼルスで留学経験があるため、英語での日常会話に不自由はないそうです。

事務所に入る前は週3日でカラオケに行くほど歌が大好きで、洋楽だとブルーノ・マーズが好きと公言しています。歌が好きで英語も堪能であれば歌手としての才能もあるかもしれませんね。

好きな俳優はリヴァー・フェニックス。1番好きな映画は『レザボア・ドッグス』、次に好きな映画には『スタンド・バイ・ミー』を挙げています。

俳優としての夢は「ハリウッドに行くこと。世界で波動を起こせるような影響力のある人になりたい」と話しており、将来が非常に楽しみです。

スポンサーリンク

藤原大祐がイケメンのまとめ

おじカワ出演中の藤原大祐さんについてまとめました。イケメンで英語が話せて歌って踊れるなんで鬼に金棒ですよね。

2020年現在はまだ高校生であり、学業と俳優業と両立は大変だと思いますが、これからの活躍に期待です。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です